古田ラジオの日記「Welcome To Madchester」

フリーライター・婚活ライター・婚活アナリスト、古田ラジオのブログです。

茂手内物語⑪〜茂手内コミュニティの絶望〜

わりとまじめな非モテ論エントリ。
上のエントリとも少し関連するんですが、リアル世界で抑圧されている茂手内がインターネット上などで茂手内たちのコミュニティを作ろうという動きがみられます。全童連だとか、mixiとか、童貞.COMの出会い系居酒屋シリーズなどなど。新しくそういうものを立ち上げようという人たちもいます。私はそういう動きは非常にすばらしいなぁと思うんですよ。ただし、私は一つ危惧している事があります。そういう茂手内のコミュニティが作られる事によってもて茂手内内の対立がかえって明らかになってしまうんではないかなと思ってしまうんです。
一番でかいのは左茂手内と右茂手内の対立でしょうか。これは恋愛至上主義/スクールカーストは克服不可能→最悪の敵とする立場*1とそうでもないんじゃないの?*2という立場の対立。
あとは
趣味による対立・・・サブカル茂手内の「オタク茂手内より俺はましだ」とオタク、D.T.茂手内の「サブカル茂手内はホント表面だけなぞる薄っぺらな奴だなぁ」との対立。
恋愛感による対立・・・純愛志向VSそうでもないという対立
などなど。上のエントリでも明らかなように、AB側に寝返る*3人もいるし。
これは結局恐らく茂手内の中でも偶然に偶然が重なって彼女ができたりしたり、比較的女の子と話せたりとかしている、わりと恵まれた人とそうでもない人とのたいりつになるんだろうなぁ。私は何度も書いていますが、この手の内ゲバをやっている暇はないのになぁと思うんですが、どうもこの辺の対立は決定的なような気がします。
まとめ
茂手内の中でも意見の対立があります。それは本人の置かれてきた立場などによります。だから基本的には各個人が解決していくしかないんでしょうね。しかし、かりそめでもいいのでなんとか上手く茂手内の楽園が作れないものか・・・。

*1:電波男なんかの立場と近い

*2:ここには。恋愛にそこまでこだわらなくてもいいんじゃないの?という意見も含まれます

*3:この表現、ギャグか。

広告を非表示にする