古田ラジオの日記「Welcome To Madchester」

フリーライター・婚活ライター・婚活アナリスト、古田ラジオのブログです。

茂手内物語12〜茂手内内部のイデオロギー対立〜

日曜日の続きです。今回は茂手内内部の対立をもう少しわかりやすく知るために、茂手内のイデオロギー分類を行ないたいと思います。題して、茂手内ポリティカルコンパス=モテコンです。
以下の質問に、
全くその通りだと思う(+2)、そう思う(+1)、どちらでもない(0)、そうは思わない(−1)、完全否定(−2)
のうちでいずれかを選んでください。

まず、縦軸、縦軸は恋愛に対する態度。

1:人間はある年齢に達すれば結婚するのが自然だ。
2:不倫・離婚は最近の社会状況を考えればある程度仕方がない。
3:様々な理由で恋愛ができないということは体に障害があるということと同じだ。
4:非モテは早急にフェミニズムとの同盟を結ぶ必要がある。
5:アニメやゲームのキャラクターに恋をするのは恋愛の代替物だといえる。
6:昨今頻発している性的に異常な犯罪の多くは犯罪者の恋愛経験の少なさに原因がある。(モテない奴が異常な犯罪をおこす)
7:風俗で童貞喪失してもそれは童貞喪失とはいわない。なぜなら愛がないから。
8:お見合い結婚より恋愛結婚だ。
9:中学生以下のセックスは規制するべきではない。
10:どんな非モテでも、モテるために努力するべきだ。努力すれば報われるはずだ。

続いて、横軸はスクールカーストについて。

1:一度定まったスクールカーストを変更させることはできない。
2:最近頻発する少年犯罪はスクールカーストの抑圧体勢に原因がある。
3:たとえスクールカーストが最下層の人間であっても幸せに生きる権利がある。また、今の社会がスクールカースト下位の生きる権利を阻害しているなら、日本国は早急にそれを是正する義務を負う。
4:DQNは早急に社会から排除されるべきだ。
5:いじめはたとえどんな事情があろうといじめた人間の責任だ。
6:スポーツ選手やジャニーズタレントの不祥事を知るとうれしくなる。
7:「普通は〜するべき」などという強制力を伴った言葉は全ての罵倒の言葉のなかで最も唾棄すべきものだ。
8:非モテがカースト上昇のために努力することはとても見苦しい。
9:脱非モテ非モテ批判ほど見苦しいものはない。
10:モテない人間を救うために、なんらかのセーフティネットを作るべきだ。

解説
縦軸は「恋愛に対するこだわり」を示します。
縦軸がプラスだと「恋愛重視派」…恋愛至上主義を肯定・否定に関わらず恋愛を価値判断の基準にしている。モテなければ何の価値もないという考えはもちろんこちらに入るが、逆に過剰に恋愛至上主義を否定し、萌え等による純愛を提唱するのもこちらに含まれる。
縦軸がマイナスだと「趣味重視派」…恋愛以外のものを価値判断の基準にしている。「モテない自分」に対して「ごまかせばいいじゃないか」「○○があるからいいじゃないか」という考え方。

横軸は「スクールカーストに対するこだわり」を示します。
横軸がプラスだと「タカ派」…スクールカーストが不変であり、これに代表されるような、モテ系による非モテの抑圧の暗黒面をことさらに強調する人々。モテ系の打倒を主張する事が多い。
横軸がマイナスだと「ハト派」…スクールカーストによる抑圧の最悪ぶりは認識しつつも、それとは適当に折り合いをつけていくべきだという考えの人々。スクールカーストは変更可能であり、それを決めるのは本人次第だという主張をする場合が多い。非モテのコミュニティの設立を主張する事も多い。

どちらとも、数値が0の時には中間派=どちらにも属さないという事になります。

この4つを組み合わせて、茂手内たちのイデオロギーがある程度わかるのではないのでしょうか?ちなみに、私は「趣味重視の中間派」になりました。

まとめ
暇つぶしにどうぞ。

広告を非表示にする