古田ラジオの日記「Welcome To Madchester」

フリーライター・婚活ライター・婚活アナリスト、古田ラジオのブログです。

非モテ共産党宣言

本当は昨日書きたかったことを書きます。

http://page.freett.com/rionag/marx/mcp.html
非モテ共産党宣言、序文

ブログ界には妖怪が出ます。非モテという妖怪が。古きブログ界のすべての権力が、この妖怪を祓うため、神聖な同盟に加わっています。ヤリチンとフェミニスト、コミュニケーション至上主義者と、脱オタクの急進派と負け犬の密偵。

権力の座にある対抗派からルサンチマンだと罵られなかった非モテがどこにあるでしょうか。自分たちより進歩的な反対者にも、反動的な敵対者にも、ルサンチマンという烙印を押すような非難を投げ返さなかったような反対者がどこにあるでしょうか。

この事実から二つのことが帰結します。
1.非モテはブログ界のすべての権力からすでに一つの力だと認められているということ
2.非モテは公然と、全世界の面前に、その見解、その目的、その性向を公表し、非モテの妖怪というお伽話に非モテの宣言で対抗するのに最適な時期だということ
この目的のために、さまざまな属性の非モテが大衆居酒屋に集い、次の宣言を起草し、西夏文字、パスパ文字、ドラヴィダ語、エスペトラント語、楔形文字で出版することにしたのです。

このような形で非モテが連帯できれば、何と素晴らしい事か!
実際は、非モテがこのように連帯できる可能性はほとんどないと私は思う。
これは私の知人の公安関係者が言っていたことだが*1
非モテはその対象とする範囲、属性、環境があまりに多種多様なため、非モテが連帯する事はできない」
という事だ。
当たり前の事だが、「○○君ってモテてる?」と聞かれて「ええ、モテモテです」とかいう人は相当なイケメンか、よっぽど鈍感か、もしくは頭が○○な人でしかない。大抵の人間は
「いえいえ、私なんて全然モテないですよ」と答えると思う。
そういう「普通の」人間ですら、非モテを名乗る事ができるのだ。原理的には。
ちょっと極端な話をしてしまったが、一方、インターネットの世界で通常イメージされている非モテの人たち、彼等もまた多種多様な存在だ。いわゆるネガ喪と呼ばれる人たち、ポーキーズたち、メタ非モテ非モテのオタク、非モテの脱オタク、非モテだけどモテな人、私のように頭がイカれすぎて非モテと呼ばれるようになった人間、その他いろいろ・・・。しかも、彼等一人一人がこの行動はモテ/非モテというボーダーラインを持っている*2。例えば、私の例で恐縮だが、私は歴史、特に中国の歴史に詳しくない人間は非モテではないと思っている。四書五経は昔、知識人の必須科目だが、今は非モテの必須科目なのだ。あと、スミスと鬼束ちひろ聴かない奴は非モテじゃないと思ってる。だが、こんな物言いが一般的な支持を得る訳がない。
つまり、「真の非モテ」を探せば究極的には己一人となる。真の非モテが自分一人しかいないのに先に挙げた全ての非モテが連帯できるはずがない。私の知人の小説家はこれを「非モテハマーン・カーン*3」と呼んだ*4
せいぜい、非モテ非モテとしての価値観の近い人間何人かを盟友として「桃園の誓い」を結ぶくらいしかできないだろう。しかし、私はそれでいいと思う。非モテなんて元から孤独なものなのだから。私は大学時代に出会った盟友には本当に感謝しているし、現実世界でもインターネットでも、非モテと出会える機会があればなるべく活用していきたい。ただ、それだけ。

幸福な夢を生きた

われら兄弟の夢を
不滅とする

*1:公安関係者という単語を出す事により、自らの言説を補強しようとする。これを「ゲームセンターメソッド」という。ゲームセンターが萌えやコスプレなど様々な要素を取り入れ、その領域を拡大させていった事による。

*2:もちろん、ボーダーラインのコモンセンスとでも呼ぶべきものはあるが。3Pしたらモテとか。

*3:これを見て「何言ってんだか訳がわからん」って思った方、あなたは正常です。

*4:ハマーン・カーンという単語を出す事により、自らの言説を補強しようとする。これを「ゲームセンターメソッド」という。ゲームセンターが萌えやコスプレなど様々な要素を取り入れ、その領域を拡大させていった事による。ちなみに、ハマーン・カーンって誰だっけ?

広告を非表示にする