古田ラジオの日記「Welcome To Madchester」

フリーライター・婚活ライター・婚活アナリスト、古田ラジオのブログです。

TOKYO CORSSOVER/JAZZ FESTIVAL2005

http://www.kyotojazzmassive.com/news/tokyo_crossoner_jazz_festival2005.html
このタグつけるのも久しぶりな気がする・・・。
ちゅうことで行ってきました。12時半ぐらいに着いたんだけど、セキュリティチェックに時間がかかってうだうだしつつ中へ。
REEL PEOPLEのライブもう始まってたんだけど、めちゃめちゃ盛り上がってた。どっかんどっかん。で、調子に乗って踊ってたんだけど、あっという間に終わってしまった。で、LIVEが終わって次のLIVEのサウンドチェックしてる間にDJ回してるのね。暇な時間がなくてこれは割とファインプレイだった。
で、軽く飯くってうだうだしてたらすぐ次のLIVE始まってんのね。なんか妙にセクスィ〜な衣装着たおばちゃんが歌ってるんだけど、やたらとパワフルで踊れるんですよ。で、その後、福富幸宏のDJでは「LOVE IS TO BLAME」のボーカル・ERNESTOがゲストで参加してました。生(?)で聴くとすげ〜名曲でしたね。
で、SLEEP WALKERKYOTO JAZZ MASSIVE何だけど、めちゃめちゃ盛り上がってた。特にSLEEP WALKERはボーカル付きなんだけど、ボーカルが付くと楽曲にあれだけ彩りが増すなんてすごいなぁと思ってました。ま、ボーカルの女は唸ってただけなんだけど。
しかし、なんと言うか、沖野兄弟が考えてるCROSS OVERっていうのは私等が考えてるよりもディープなんですよね。ジャズ寄りといいますか、硬派といいますか・・・。しかし、こういうJAZZバンド、DJ、クラブでどかどか盛り上がる曲から、J-POPにも対抗できるポップソングまで、この間口の広さというか、ふり幅の大きさってのはCROSS OVERの大きな魅力だと思います。おもしろかった〜!

広告を非表示にする