古田ラジオの日記「Welcome To Madchester」

フリーライター・婚活ライター・婚活アナリスト、古田ラジオのブログです。

Show Business

ライブドアが強制捜査になってとてもうれしそうですね。微笑ましい事です。
ライブドア(に限らず村上ファンドとかヒルズ族とか)が嫌われるのって、多分、額に汗して得た金こそが尊いものだという価値観から逸脱しているからだと思うんですが*1、本当にそうなんでしょうか?


私は金は金だと思うんですよね。もし、今日の事件を青木先生が聞いていらっしゃったら「何ゆうとるんや!金は金や!」っておっしゃてると思うんですよね。バー「オ○コ」で。
大体、10時間土木作業をして得た1万円だから、株のネット取引で得た1万円の倍の価値があるなんてことはないわけでしょう。1万円は1万円で財布の中では同じでしょう。極論したら銀行強盗しようが何しても金は金でしょう*2。得た金に余計な倫理とか関係ないと思うんですよね。むしろ、かかる時間と得られるリターンを考えれば株とか、そういったものの方がはるかに効率的だと思います(もちろん、タネ銭が必要なわけですが・・・)。逆に、こういう「汗水流す労働は尊い」的な価値観は危険なのではないのかとすら思います。


「汗水流す労働は尊い」という価値観は、いわゆる「勝っている」人間達、それは今私達を最も洗脳しやすい位置にいる人々*3なのですが、彼等にとって非常に都合がいいんですよね。「汗水流す労働は尊い」から夜中遅くまで残業する事は「善」だし、金貸しみたいなあぶく銭を稼ぐ仕事は「悪」みたいな。一生懸命働けば報われる、みたいな。彼等だって、私達だってもううっすらとわかっているはず、今後私達の「可能性」は年収いくらの親から生まれたか、ただそれのみによって決まる。という事を。それを隠蔽し、さらに働かせようとするのがこの「汗水流す労働は尊い」という価値観なんですよね。


このコミュニケーション神話が跋扈する世の中であらかじめ敗北が定められている人間達、そんな人間達が生き残るには金から一切の倫理性を排除する事、最短効率で金を得て、己のため*4に使うこと。それが敗北者に与えられた道だと思います。


誰もが私の顔を見たいのね
(お宅のテレビの受信料をお確かめ下さい)
誰もが私の唄を聴きたいのだわ
(お近くのレコード店にて発売中です)
彼女は流行の波に乗って現われ
夢のように消え去っていく
Cymbals「Show Business」

*1:ただ、堀江社長たちは嫌われるのにふさわしいほど金の使い方が汚いんだけど。ホント、そんなマンガのヤリチンみたいな金の使い方ばっかりして楽しいの?って感じ。

*2:もちろん、捕まるというリスクがあるのでその選択は合理的ではないが

*3:汐留やお台場、六本木ヒルズや神保町を見よ!

*4:間違っても国や「愛すべき誰か」のためではない。いるなら別にいいけど

広告を非表示にする