古田ラジオの日記「Welcome To Madchester」

フリーライター・婚活ライター・婚活アナリスト、古田ラジオのブログです。

キリストの最後をマンチェスターのバンドで!

http://www.barks.jp/news/?id=1000018365&m=all
恐らく、最後は「I am the resurrection」(ストーンローゼス)なんでしょうね。しかし、私はいわゆるマンチェスターのバンドってそういうのから程遠い存在だと思ってたんですけどね。キリスト教なんて「健全」の代名詞みたいなもんでしょう(よくわからんけど)。
大体、マンチェスターとキリストっていう取り合わせがよくわからん。キリストが生きていたときのマンチェスターなんて蛮族が住んでいる土地の荒野とかそんな感じなわけでしょ。なんの関連があるんでしょうか。


そんなことやるんだったら、私は産業革命をマンチェスターのバンドでやった方がいいと思うんですよね。
ジョン・ケイが「飛び杼」を発明した時は「Elepant Stone」とか。
ストックン〜ダーリントン間を蒸気機関車が初めて走った時は「Wanderwall」とか。
トインビーが産業革命を名づけた論文を書いているところで「BULE MONDAY」みたいな。
しかし、絵が地味ですね…。
参考
産業革命 - Wikipedia

広告を非表示にする