読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古田ラジオの日記「Welcome To Madchester」

フリーライター・婚活ライター・婚活アナリスト、古田ラジオのブログです。

我々はそろそろ本気でオナニーオリンピックの開催を検討するべきだ

※下品な話で大変申し訳ありません。


全くダメダメみたいですね、トリノオリンピック
私は基本的にオリンピックとかって苦手なんですよ。あのにっくき体育会系どもの祭典なんですから。大体、何が愛と平和の祭典なんだよと思います。あそこで競ってるアスリートどもは、彼らのクラスにいたメガネの文系少年を間違いなくいぢめていたわけですから。
そんな人たちの戦いを見るぐらいなら、伊集院光なんかもよく言っているわけですが、オナニーオリンピックを開催した方がいい。オナニーって万国共通のスポーツなんだから。


本当ならこの辺で話を終わらせるべきなんだけど、ここからさらネチネチとに続けるのが非モテクオリティ。
考えられる内容としてはまず、スピードを競う「ショートトラック」があるでしょ。あとは怒っていられる長さを競う「マラソン」に…。
ショートトラック・2次元」みたいな。
あとはどれぐらい優雅にできるかっていう、「フリースタイル」とかいいですよね。クラシックの名曲にのせて。
「おぉっと、○○選手、ナスです。ナスを取りだしました!」
「ここで、ナス3本です。トリプルアクセルです!!」
みたいな。もちろん、曲が終わるまでにフィニッシュしないと減点。

あとは今回みたいにメダルが取れなかったりすると、マスコミが怒り出すといいな。
ショートトラック・2次元でメダルが取れなかったのは、石原都知事によるエロ規制が原因だ!」とか、「日本のお家芸であるマラソンでメダルが取れなかったのはインリンオブジョイトイのエロテロリズムのせいだ!」みたいなワッショイなノリでやってほしい。


こうなるとキャスターとしてほしいのは松岡修造ですね。


選手以上の真剣なまなざし&応援で他人がやってるところを見ている修造。
真剣にやりすぎて、自分までスッポンポンで黒光りするもの*1を見せ付ける修造。
たかだかオナニーがいかに国家の威信を賭けた真剣勝負かを力説する修造。
「いや〜残念でした、フリースタイル!!あそこであき竹城が決まっていれば!!」みたいな事を言う修造。
悔しさのあまりホテルのエアロバイクを無心にこぐ修造*2
悔しさのあまり歌舞伎町に繰り出す修造。


修造が一番おいしいわ。

※大変下品なエントリとなった事を重ね重ねお詫びいたします。

*1:イメージです

*2:深夜の馬鹿力、フリートークより