読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古田ラジオの日記「Welcome To Madchester」

フリーライター・婚活ライター・婚活アナリスト、古田ラジオのブログです。

或る阿呆の大学生活(「積み上げる」という事)

昨日のことなんですが、2年ぶりぐらいに大学に行ってきました。
たまたま近くまで行ったのでちょっと寄ってみたんだけど、いつの間にか校舎が建て直されてました。
当時の面影はあんまり残っていなかったんだけど、行って思い出す事は私の大学時代ってなんもしてなかったなぁ、と思いました。


いや、留学とか人脈作ったりとかそういう履歴書向けのことだけじゃなくて、げんしけん的な集まり、同人誌作ったりとかそういうのも一切していなかったんで。私は何をしてたんだろう。多分ボーっとして自家発電にばかり励んでいたんだろうなぁ。だから今苦労してるんだけど。
うちの大学って三流大学なんだけど、私がいた学部ってその中では特殊なんですよ。割と歴史があって、まぁうちの大学の中では一番偏差値が高い。でもそこで変なプライドとか持っちゃってる人が多かった。でも、生きるための偏差値というか、ルックスとかそういうのかな、ひっくるめたそういうのは一番低かった。だから余計にエリート意識が歪んでしまっていて、よくうちの学部生だけで集まると他の学部の学生を馬鹿にしたり。学部内でもあいつはキモイとか、○○しらねぇから頭悪いとか。私はそれが大嫌いでした。エリートになれないけど意識としてはエリートでいたい人っていうのが一番始末が悪いなと思ってた。なんにせよ、今のブロゴスフィアと同じぐらい差異化ゲームが好きな人たちだった。しかも低レベルの。
で、それを批判する私が何かやったかっていうと、何もやっていませんでした。私は今でも人様に何を語る事もできないからっぽな人間なんですが、大学の時はそれに輪をかけてからっぽでした。やってた事といえば、大学に民青みたいな人たちがいて、その人たちがいつもチラシを配ってたんですけど、その文面を

アメリカ帝国主義粉砕!→巨人帝国主義粉砕!

みたいに書き換えてid:admire-don師に見せたりして遊んでました。後は机に「僕が考えたパワプロベストナイン」とか「好きなドラマランキング」をかいたりとか。ドン師と駅前のファミレスで数時間粘ってABC理論を構築してたりもしたなぁ。後はファミコンやったり伊集院のラジオ聴いたり、バイトしたり…。
・・・今、このブログでやってる事とほとんど同じじゃねぇか!
要するに、Web2.0をこの世で最も無駄に使っているところ=Welcome To Madchesterという事なんですね。


だから、文化系で積み上げてる人見るとホントすごいと思います。遠くの世界にいるクリエイター*1の人たち、ブログ関係で知り合った人たち、知り合ってないけど凄い人たち、発想力ゼミの人たち、などなど…。私が全く積み上げてこなかったから。積み上げてこなかった事を後悔もしています。
ま、体育会系で積み上げてる人見てもイラつくだけだからDisりまくるんだけど。
まじめな話、少しは自分が認識している世界が広がったという意味だけでもブログ初めて良かったな、と思う事も少しはあります。何もはてな村でクネクネしてるだけじゃないよ、と。
だからもしこのブログ読んでる人・・・ってそんなにいないと思うけど、中に大学生の人とかいたら、どんなつまんない事でもいいから何か自分で何かやりたいもやもやでもあるならやってみるといいかもしれん。そういう人に私は何かできるのかな。わからん。ともかく、多分今しかできないんじゃないかな。大学生の頃とか。25だか26になってこういうことやるのも結構つらいよ。私も十分若造だけど、仕事とか親とかまぁしがらみがあるわけですよ。そういや、クソタイ(旧名:クリルタイ)の最初のコンセプトは「遅れてきたげんしけん」だった。これはハーンが言ってた事なんだけど、そうだなぁ、と。本来は大学とかでやってるべき事を今更やってる人たち、それがクソタイだったと思います。多分。


なんにしろ、世界が広がるのはいいと思うんです。しかもネットだと今いる自分の世界をずらしながらいる世界を広げられるんだから。こういう局地戦で何とかしてくしかないんだと思うんだけどなぁ。ちなみに、「非モテの政治的正しさ」との整合性は自分達でとってくれ。

*1:リアルな意味でのクリエイターって事ですね

広告を非表示にする