古田ラジオの日記「Welcome To Madchester」

フリーライター・婚活ライター・婚活アナリスト、古田ラジオのブログです。

切込隊長から言及された件

http://column.chbox.jp/home/kiri/archives/blog/main/2006/10/20_192255.html
(こわいのでトラバはできませんでした)


以前書いたこの件についてコメントをいただきました。ありがとうございます。批判にしろ何にしろ言及をうけるというのは嬉しいものです。
http://d.hatena.ne.jp/republic1963/20060618
まず、大変申し訳ないのですが、このブログにて語られる童貞論というのは、非モテ系ブログ界の主流からはかなり外れたブログだということです。Rタイプにおける対地レーザー(黄色い奴)みたいな。そんなブログが当ブログです。つまり、以下の話もあくまで私の意見でしかありませんし、もしよければ他の非モテ系ブログについてもご覧いただければ、と思います。


さて、私も「撃たなければ溜まる」というRタイプ原理と、それに伴う性欲処理のメカニズムというのはその通りだと思いますし、それをもって童貞を何か特別な人格であると考えるのは間違いであると考えます。ところが、伊集院光のラジオにおいて類型的に示されている通り、ある種の「童貞臭」は確実に存在していると思います。
そして、社会=会社や学校にて存在している真人間の皆さん、私達に「彼女ぐらい作れ」とか「恋愛できない人間は仕事もできない」とかおっしゃり、何故か安全圏から我々に石を投げつけ、何事も体育会系な方々、それを私は「素晴らしい人々」と呼んでいますが、そういう人々への違和感、それもまるきり人種が違うような違和感を何らかの形で表明したいと思い、このブログをやっています。
それは、童貞とか非モテとかいう問題もありますが、それと同等ぐらいにスクールカーストとか、いじめみたいな話にも関連してくるものだと思っています。



つまり、伊集院的センスで「素晴らしい人々」への違和感を表明し、あわよくば石を投げつけるブログ、それ以上でもそれ以下でもありません。ですので別にホスピスを作ったりモーセになるつもりはありません。そして、なるべくより多くの人々に見ていただきたいというアクセス乞食的発想のもとに、童貞をFFのジョブ的に解釈したりしています。
私は童貞をどう解決するべきかという問題に関してはそれこそ、個人で何とかするしかないと思っています。
ただ、もっと殺伐としていた方が議論として面白いかもしれないとは思いますが。

広告を非表示にする