読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古田ラジオの日記「Welcome To Madchester」

フリーライター・婚活ライター・婚活アナリスト、古田ラジオのブログです。

私たちは信じている、言葉のチカラを。ジャーナリスト宣言。

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.asahi.com/paper/column20061018.html
http://www.asahi.com/paper/column20061018.html


ここはどこだろう。うすぐらい。アイテがだれなのかもわからない。まわりには、ワタシのようなものがすうにんと、りーぜんとのこわそうなにいちゃん。これから、どうなるのだろうか。

 てがかりは、とおいかすかなにおいにしかない。いつかどこかのよしわらで、ふたつのものがあわさるところがはじまったようなのだ。まだみてはいないが、このへやは、しんじゅくかぶきちょうというひろいところにあるらしい。そこには、オトコといういきものとオンナといういきものがいて、それがであってあたらしいいのちができる、ときいたきおくがある。

 わたしのムスコは、ひにひにおおきくなってきた。せまいこのばしょではきゅうくつだ。そろそろ、ずぼんをぬぐころなのだろうか。

 「オランダ」といううみのうえのくにでは、まちのあちこちで、きかれるそうだ。イジュウインヒカルさんによると、コクジンノヨウジンボウが、ワタシのむすこにむかっていう。「おまえは、このみせでおぷしょんをつけるか、じかんはなんぷんにするか、こすぷれはしなくていいかどうか、よくかんがえたうえでへんじをしろ」。「いやだ」といえば、なぐられてかねをとられるらしい。

 あれあれっ、そとへおしだされそうだ。すごいあつりょくだ。だれも、おぷしょんをつけるかどうかきいてくれない。きかれても、なんといえばいいのかわからないが、きかれないのもちょっとさびしい。

 ついに、そとへだした。まっしろにひかりかがやいてまぶしい。あたらしいせかいのはじまりだ。からだに、ちからがわいてくるようなきがした。ムスコをあのうすくらいところではぐくんでくれたオンナのひとが、ワタシのハハオヤのハハオヤだとは、まだしらなかった。


http://www.asahi.com/information/release/20060522.html
[なあにかえって経験値がつく]

広告を非表示にする