読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古田ラジオの日記「Welcome To Madchester」

フリーライター・婚活ライター・婚活アナリスト、古田ラジオのブログです。

オーマイニュースは自民党だ

妄想

皆さんももうすでにご存知かもしれません。オーマイが大変に趣深い事態になっていることを。
このあたりをご参考にしてください。


http://blog.japan.cnet.com/sasaki/2006/11/post_8.html
http://blog.japan.cnet.com/sasaki/2006/11/post_9.html


オーマイについての私の感想は前に書いたとおりです。
http://d.hatena.ne.jp/republic1963/20061014#p2
オーマイはネットの海に蠢く魑魅魍魎たちによって今日も金タライを落とされ続けているわけで、その姿は予定調和を好む日本人の気質とも相まって、お茶の間の人気者となっていくでしょう*1
オーマイの問題点、あれほどの様式美を兼ね備えたサービスに問題点もクソもないと思うのですが、あえて挙げさせていただくと、「書く記事が普通に質が低い」ことです。
例えばこちらをご覧ください。

木更津キャッツアイ」の映画版についての記事ですが、惑星開発委員会にて更新されている木更津キャッツアイメモリアルの例を出すまでもなく、個人ブログの感想でももう少し気の利いた内容を書くだろうという内容です。もっとも、この内容で多少なりともお金がもらえるという事に我々のような文化系ニートには計り知れない希望とすがすがしさ、力強さを与えてくれます。
オーマイのポイントとして、(多分編集部や記者としても関心の高い)政治経済系以外だと途端に記事のレベルが低くなり、記者の適当ポエム的な内容が多くなっているところです。これはいただけません。ドリフも、雷様やバカ兄弟など、数々の名作コントをその妥協なき姿勢から生み出してきました。オーマイ編集部におかれましても偉大なる先輩のこの姿勢を見習っていただきたいものです。なんせネットには政治経済領域だけではなく、様々な領域にてその手の高木ブーの才能に溢れた人々が数多くいるわけですから。


さて、前置きが長くなってしまいましたがここからが本題です。
よく、ネット界隈にはオーマイの可能性を云々している人が多数いらっしゃいます。私も半分はそう思います。それは、ネットジャーナリズムがうんたらかんたらというお経ではなく、欲望充足機関=プチ論壇として。
「市民記者」たちが丁々発止のやり取りを繰り広げるジャーナリズムの場、インタラクティブな新聞の投稿欄!
「ジャーナリズム」という言葉がとかく大好きな人は一定数はいるので、彼らを満足させる場所としては上手くすればかなり機能するのではないかと思います*2。ところが今のところそれはあまり上手くいっていなくて、どっかのうんこブロガーからはドリフ呼ばわりされる始末です。
さて、それはオーマイの主張とは180度異なり、体質自体は本質的には保守そのものであり、彼らが大好きな自由民主党みたいなもんだということによります。
つまり、昔「じゃーなりすと」や「しみんうんどうか」をやっていた(今もやっている)おじいちゃんおばあちゃん
のためのものであるということです。そして、マスコミなりジャーナリストの既得権を持っている人々やその人々との個人的な人脈がある人々への利得の再分配のためのものであるということす。それはオーマイが読者(PCの向こう側にいる人々)を全く信用していない事もさることながら、実は市民記者すらもほとんど信用していないのではないのでしょうか。
CGMつうのは多分どっかで、既存のマスメディアの特権とか既得権と対立せざるをえないと私なぞは足りない脳みそで考えているわけですが、オーマイの編集部では多分自分達で好き勝手できる新聞を作っているぐらいの意識しかないんじゃないんでしょうか。そんな覚悟のなさというのはこの辺によく現れています。
「西野浩史」と名乗る人物のご発言ですが、

インターネットのサイトを通して仕事をしていると、読解力が欠如した人に出会う機会が増えた。コメント欄にトンチンカンなことを書いてくるのである。 例えば共通テストレベルの現代文の試験を課して偏差値70以上でないと書き込めないようにする、といったことができればとりあえず排除できるかもしれないなどと考えてしまう。人生は短い。有意義な人間関係を築きたいものである。

と書いているのは大変に趣深いことではあるのですが、大きな間違いなんです。間違いで、彼らが臨む形にするにはこう書かないといけない。

例えば共通テストレベルの左翼知識の試験を課して偏差値70以上でないと書き込めないようにする、といったことができればとりあえず排除できるかもしれないなどと考えてしまう。

「赤色労働組合インターナショナルの創立メンバーは?」と問われて「1921年!」。
これぐらいの知識がないとオーマイにはコメントできないぐらいにしないと、西野さんが望む形にはならないでしょうね。
文句をつらつら書きましたが、私はお約束的な笑いは大好きですので、今後も是非ドリフ的な方向性で頑張っていって欲しいと思っております。で、ウェブでの芸や自作自演、脚本作りという意味で多分オーマイがベンチマークするべきなのはCNNなどではなく、プリンシパルエージェント*3なんでしょうね。


※追記
という内容を書いたら、オーマイがえらい事に(笑)。
http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000003400
いや、このアングルはミスター高橋も書けないでしょう!我々の想像の遥か先を行ってくれるオーマイは最高ですね。ここまでネットにおけるセキュリティ意識が希薄な人たちも珍しいのではないでしょうか。ここまで身を挺して我々に笑いのネタを提供してくれるオーマイは素晴らしい。オーマイがここまでやってくれているのだから、我々も彼らに応えるためにも最高のタイミングで金タライを落とさなければ!!
※追記の追記
コメント欄再現

# gerling 『死ね』
# republic1963 『コメントありがとうございます。私のような最低な人間は死んだほうがよいという事は重々承知していますが、死ぬタイミングは自分で決めますのでもう少々お待ちいただけると幸いです。』(2006/11/27 00:44)
# gerling 『どうしてお前はそんなに面白くないことを平気でいえるんだ?』 (2006/11/27 16:41)

# republic1963 『コメントありがとうございます。

つまらないという事ですので、それは大変申し訳なかったです。ごめんなさい。

でも、この世に生きている人間がみな、あなたのように笑いの才能に溢れているわけではないんですよ。』 (2006/11/27 19:01)
# hazama-hazama 『これはちょっと出来過ぎじゃないですか?実は仕込んでいるとか?』(2006/11/27 21:17)
# republic1963 『実はいかりや長助が書いた脚本ど・・・あわわわ(笑)!!』(2006/11/27 21:26)
# umeten 『まさか、ドリフなき後で生タライの二連続落下をこの目にしようとわ!』(2006/11/27 21:26)
# republic1963 『志村うしろー!』(2006/11/27 22:04)
# gerling 『うーん……

なにがアレかってそんなの、kiyaくんに言ったって、hazamaさん言ったって、umetenさんに言ったって、返ってきそうな答えだってことだね。

なにかお約束にのっかって言ったり書いたりするのは簡単だし、半径100メートルぐらいまでなら笑ってくれるんだろうけれども、上の糞みたいなエントリでもそうだし、面白くもない受け答えでもそうだけど、まったく内容がない。

面白くないって言うのは正しくないかもしんない。君は人間として無意味だわ。

そりゃ明らかにバカにされた態度をとられたら腹も立つけれども、それ以前に内容のない存在に話してることの虚脱感のほうが強いなあ。君は憎悪をまっすぐ向けるほどにも上等な存在じゃなかった。

うんでもいい、もうわかった、月並みな言い方だけれども、なにを言っても無駄だろうし。いつまでそうしていられるか、ぼくの知ったことではないけれども、きみはずーっとそうしてればいい。意味のない独り言を言い続けてなにか言った気なっていれば良い。せめて、ぼくに関係ないところでやって欲しいけれども。』 (2006/11/28 03:27)

*1:お茶の間というか、魔窟だろうけど

*2:それを天下のソフトバンクが行うべきかどうかということはまた別の問題

*3:http://www.p-a-japan.com/ http://blog.livedoor.jp/riddler/ はあちゅう大先生あたりも絡んでいる大変に趣深い会社。

広告を非表示にする