古田ラジオの日記「Welcome To Madchester」

フリーライター・婚活ライター・婚活アナリスト、古田ラジオのブログです。

みうらじゅんのこと

さて、まぁ忙しい忙しいとつぶやいている訳ですが、republicさんは何をやっているのでしょうか。もちろん、ミスター社内ニートのrepublicさんのことですから、仕事なんかしていません。やっているのはモンスターハンターです。何で飛行機乗ってるかっていうともちろんモンスターハンターポータブルをやるためです。ベルト着用サインが消えたら即PSPのスイッチをONです。
ということで、返答が大分遅くなり申し訳ありませんでした。結構前に覚悟大先生から言及をいただきました。
http://shrak.blog17.fc2.com/blog-entry-341.html
非モテ界隈では多少話題になっているみうらじゅん×bird*1の一件。
※以下はリンク先のブログ/週刊誌の報道が事実である事を前提にしております。
bradの最新作が明らかに結婚、出産という体験から強い影響を受けた作風だったという事実*2から鑑みて、個人的には大変なショックを受けております。だってbradですよ。あんまり不倫とかはしてほしくなかった。個人的には2月の単独公演のチケットも買っていません(抗議?つう訳でもないだろう)。また一刻も早く脳内の記憶からは抹消しようと努めております。個人的には。
え、そうじゃねぇだろって?

※追記※
みうらじゅん大好きな某非モテブロガーに質問ですが、
やっぱ「妻子を犠牲にして不倫相手に私生児を産ませる」
ってのも所詮は「ネタ」で許される事なんですかねw
自由主義というのは、そういった「他者の尊厳、人権」を
踏みにじる自由すらも認めるものなのでしょうか?
これが貴方達の言う、DTであり童貞力なのでしょうか?

まぁ多分私のことを指して言ってらっしゃると思うので、回答しておきますと、覚悟さんが何について怒ってらっしゃるのかよくわからないので回答しようがないですね。回答しようがないんだけど、ちょっと考えてみます。


1:不倫がよくない
2:童貞とかD.T.とか言ってる人間が不倫してるのがよくない
3:republicなんとかとかいううんこブロガーが2の代表格であるみうらじゅんを尊敬*3しているのがよくない


1についてですが、リバタニアン的な立場から言わせてもらうと、草実スサさんのブクマコメントにあるとおり、「個人が何しようが勝手」です。大体今回の件の場合、双方の合意の元で行われている(だと推測される)ので私のほうからやめろとかどうとか言う事はできない。法律で不倫を犯罪だとしているわけでもありませんし(リバタニアンを名乗る人が国の法律を云々するのもどうかと思いますが)。ただし、不倫というのは社会一般では不道徳な事とされており、それによる責任は当然取るべきだと思います(この部分は後述)。ところでこの、「法律では犯罪ではないが不道徳とされている事」の一つとして「ロリコン」や「鬼畜プレイ」が挙げられると思います。覚悟さんが今年のコミケで覚悟さんが買われたという同人誌についてですが、
http://shrak.blog17.fc2.com/blog-entry-297.html
大変申し訳ございません、私もよくわからないのでグーグル先生に聞いてみたのですが、見てみてビックリしてしまいました(あまりになんだかなぁといった内容なのでリンクは貼りません)。こういうのを作ったり買ったり読んだりすることはよいのでしょうか?もちろん犯罪ではありませんが、人によっては不道徳だと思う事はあるのではないのでしょうか。ただし、私はそれをやめろ言うつもりはありません。ロリコンエロ同人誌を買うのももちろん個人の自由の範囲内ですから。
他人に迷惑かけてないからいいとか言わないでくださいね、そんなこと言ったらみうらじゅんとbradの不倫だって双方の合意の上でなされている以上、誰にも迷惑をかけていないんだから。
もっとも、覚悟さんが「俺が天意に逆らっても、天が俺に逆らうことは許さん」という曹操孟徳のような考え方を信条とされていらっしゃるなら話は別ですが*4、ただし、結構多くの人がそういった現代の曹孟徳の宣言を「単なるわがまま」だと判断しがちであるということは心にとどめておいていただきたいものです。


さて、2番です。こちらについてですが、今回の一件で私の中でみうらじゅんの評価っていうのは下がりました。
前に伊集院光・日曜日の秘密基地のアシスタントが不倫疑惑の女子アナ*5になりそうだった時(結局未遂でした)には、「童貞的なメディアにおいては不倫とかしている人間が関わるべきではない」と書いています*6。その認識は変わっていなくて、今後彼が童貞について語っていてもあまり評価はされなくなるのではないのでしょうか。童貞界でのみうらじゅんのプレゼンスとしては今後下がっていくんではないですかね。もっとも彼は童貞というかキッチュ文化、ボンクラ文化系の世界の人なので彼自身が消えるかというとそうでもないと思いますが。また、だからといって彼が提唱した概念=D.T.が無効だという話にはならないでしょう。第一に書籍「D.T.」はみうらじゅん伊集院光の対談なんですから。みうらじゅんひとりで語っているわけではないので。つまり私の中ではD.T.みうらじゅんの評価としては下がったけど、それ自体でD.T.という概念自体が無効だといわれてしまうとそれは暴論だといわざるを得ないです。
みうらじゅんの件について、この件が判明した時点で早急にブログの方で訂正・謝罪を入れろと言われてしまうと、そうかなぁと思ってしまうのであり、そこをそんなにも怒っていらっしゃるのなら申し訳ないと謝罪しておきます。あんまり書こうという気も起こらなかったので、申し訳ない。


3番について。これこそ私が何を好きだろうが勝手だと思うのですが・・・。それこそ評価なんて他の人がするものなので、私が駄文にて相変わらずみうらじゅんを支持していて*7非モテとしてステージが低いということになればそれで読まれなくなって終わりだと思います。それ以上の何かをしろといわれても私には考えが思いつきません。

よく覚悟さんは「さじ加減」云々とおっしゃいますが、いつもこれが何のことやら私にはさっぱりわかりません。「さじ加減」「限度」というのは基本的には各個人で決める事であり、10人いれば適切なさじ加減は10個あると考えるのが普通でしょう。「自由のさじ加減」というのは要するに「俺が認められる範囲での自由」という事でしょうか。であれば「方向性に多少の違いはあれど、似たようなところに落ち着く事になる筈」なのも頷けます。ご自分の許せる範囲内での違いなんですから。もっとも、そんなジャイアンやブタゴリラみたいな事を言われても困ってしまいますけれども。

*1:bradではない!!

*2:そして、大沢伸一プロデュース時代の作風は恐らく、もうなされないであろう事

*3:尊敬別にしてないんだけどなぁ・・・

*4:私個人としては覚悟さんほどの影響力のあるブログを運営されていらっしゃる方ならば乱世の奸雄たる資格は十分あると思います

*5:TBS、青木裕子アナ

*6:http://d.hatena.ne.jp/republic1963/20060115#p2

*7:前にも書いたとおりそれは多分ないけど

広告を非表示にする