古田ラジオの日記「Welcome To Madchester」

フリーライター・婚活ライター・婚活アナリスト、古田ラジオのブログです。

Grand Theft Auto San Andreas発売とそれに伴う付随状況について

いよいよ25日が近づいてきましたね。グランド・セフト・オートサンアンドレアスがとうとうとうとう発売されます。ファミ通でアナウンスされてから一体どれだけ待った事でしょうか。実際に手に取るまでは信じられませんが、GTA発売に伴い更新頻度の更なる低下が予想されております。すいません。
http://www.gtasa.jp/index2.html
それはともかく、紆余曲折様々ありつつも発売までなんとかこぎつけてくれたカプコンの開発担当者の方たちにはとりあえずご苦労様、そしてありがとうございましたとお伝えしておきます。アメリカでの問題発生とそれへの対処に、そしてそれに伴う度重なる発売延期などついていろいろ言いたい事はありますが、めでたい席です、それはなしとしておきましょう。ゲームの出来栄えについてはまた後日、実際プレイをしてみてから改めて書こうと思います。


さて、GTASA日本語版発売という大変に嬉しいニュースの後にこのご報告を行うのも心苦しいところではあるのですが、GTAの件でどうしても触れなければならない話があります。神奈川県知事、松沢成文氏の事です。
http://matsuzawa.cocolog-nifty.com/blog/
(何故かトラックバック機能が停止されている「ブログ」)
「ラグビーでスポーツマンシップを学んできた」松沢知事が目下「勝負の時は全身全霊を賭けて相手を打ち負かそうとぶつかってい」っているのが、このGTAシリーズに代表される有害ゲームです。
「スポーツマン」松沢知事によってGTASAの前々作、GTAⅢは有害図書指定を受けました。GTAシリーズの暴力描写が青少年の育成に悪影響を及ぼすというのがその理由です。
もうすでに本国アメリカではGTA4が出るかでないかといった時期に至り日本でようやくGTASAが発売されるというこの遅れはひとえにロックスター社がアメリカで起こした不祥事*1と松沢知事の不断の努力の賜物であります。松沢知事のおかげで発売される日本語版GTASAには60箇所もの修正がなされるそうです。その後、松沢知事がブログにて「硫黄島からの手紙」を大絶賛されていらっしゃるので何かのギャグだと思ったんですがね。政治家クリント・イーストウッドが松沢知事を見たらどう思うか非常に興味深いところであります。
さて、青少年の健全な育成を願ってやまない松沢知事のことですから、この事にはもうすでにお気づきであると思いますが、暴力描写によって青少年の健全な育成を阻む事象はGTAのみに留まりません。石原都知事のいう「ロッキー」はもちろんの事、ダイ・ハード特攻野郎Aチームなんてものは簡単に多数の人々が死亡しますから大変な悪影響です。そういえば、スターウォーズも宇宙での戦争の描写がありますから、青少年の健全な育成を阻みますね。
反社会的集団を描いたゴッドファーザー、これは私の大好きな映画でありこの度GTASAと同日にXbox360用ゲームが発売されますが、このアカデミー賞にも輝いた映画は殺人はしょっちゅう出てくるは何より主人公が反社会的集団の一員な訳だというとんでもないものですから、青少年の健全な育成を阻害しますよね。
松沢知事にはこれらの有害図書の規制も合わせてやっていただきたいものです。
あ、そうそう。この世の中にはラグビーとかいうスポーツがあるらしいのですが、ラグビー部員と称する人々の犯罪も数多く報道されておりますから、そちらの規制も必要でしょう。野球も前川さんや欽ちゃん球団の事例を持ち出すまでもなく、犯罪の温床となっております。サッカーやその他のスポーツについてもこの状況は似たり寄ったりであり、「ラグビーでスポーツマンシップを学んできた」松沢知事の行動力が期待されております。
さて、松沢知事も2003年から知事職を務められていらっしゃいますから、もうそろそろ知事選挙の時期ですね。
私も偶然神奈川県に住んでおりますので、選挙が行われた暁には是非良識ある有権者の一人として行動していきたいと考えております。

*1:MOD改造で○○できるのにレーティングが17歳以上だったこと。参照:http://ja.wikipedia.org/wiki/Grand_Theft_Auto

広告を非表示にする