読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古田ラジオの日記「Welcome To Madchester」

フリーライター・婚活ライター・婚活アナリスト、古田ラジオのブログです。

「豚骨スコール」で始まる絶望

前々から読みたいと思っていた、久保ミツロウ「モテキ」を読みました。

モテキ (1) (イブニングKC)

モテキ (1) (イブニングKC)


主人公の非モテ男子が、憧れの素敵系女子との別れ際に何も言うことがなくて、


「ブログやってるから豚骨スコールで検索してください!」


と言ってるのを見て、発狂しそうになりました。つうか、発狂した。
あとね、女の子とフジロックで待ち合わせして、夢破れて「かぽーでフジロック来てるやつ全員絶滅しろ!」みたいな呪詛を浴びせたり。頼むからやめてくれ…これ以上俺のHPを削らないでくれ…。


彼がやってるはてなのブログ(勝手にはてなだと断定)は多分2ちゃんねる非モテ論壇ブログオチスレで有名だったりするんだろうなぁ…はてブで[しねばいいのに]タグとかつけてるんだろうなぁ…下らない同人誌を作ったり、作らなかったりするんだろうなぁ…どうみてもモデルの心当たりがありすぎます、ほんとうにありがとうございました。
しかもその素敵系女子が文化系女子のため、その内容を理解してくれるという天文学的幸運に恵まれる、という。そう、登場人物のほとんどが文化系女子という摩訶不思議アドベンチャー。で、伊集院ネタとか理解してくれるんだけど…その人等も結構、イタくね?という疑問がふつふつと…。なんだか登場人物全員イタくね?でも大好きだーと思ってしまうので不思議です。


『モテキ』を読んでいて思ったのが、これってセカンド童貞問題だなぁというもの。
つまり、ぱりぱりの童貞の自意識よりも一回だけ童貞喪失した自意識の方が大変じゃね?という問題。どのような形であれ、一度はヤッているので、童貞ではない。だけど、とてもじゃないが、「モテ」側にはとてもじゃないが行けずに、相変わらずモテない事に思い悩む。もちろん、ここで何をもって「モテる」としているのか全くの謎であるというのがこの問題の根深さの象徴なんですが。
こういった自意識を取り上げたマンガってあまりないように感じたんですが、どうでしょうか。
通常の真性童貞の自意識を取り上げたマンガというのは小田原ドラゴン先生や花沢健吾先生の例を挙げるまでもなく、伝統的にいくらかは発表されてきたと思うのですが、こうした「童貞じゃないけど童貞」的な問題を取り上げるというのが、非常に今日的であると思い、面白かったです。つまり、『セカンド童貞』というのは『素人童貞』にも似た、童貞概念の拡散と拡大の一種なわけです。
もちろん、それをもって「病でない人まで病とする」という批判はもちろん成り立つのだけれども、私は「童貞」というのは大部分が自意識の問題であると考えれば「セカンド童貞」という自意識のありようは存在してしかるべきであると思っています。
問題は、そうした自意識はある意味「卒業のない中二病」とも言えると思うのですが、そういった自意識と社会というのはいかにして社会と折り合いをつけていくか(もしくはつけないか)ということだと思います。その意味で、主人公が非正規労働者で東京在住、田舎が九州にあるっていうのは非常に示唆的であると思いました。
つうか、ここまで書いて俺のHPが1になってるのに気づいたよ…

広告を非表示にする