古田ラジオの日記「Welcome To Madchester」

フリーライター・婚活ライター・婚活アナリスト、古田ラジオのブログです。

女の子ができる男の子の「童貞力アップ」の手伝い5つ


男の子は日々、童貞力アップに余念がありません。女の子にはわからないかもしれませんが、男の子たちは自分のために1分1秒を大切にし、童貞力アップのために努力しているのです。


でも、童貞力は男の子自身の力だけではあげることができません。周囲の人たち、特に女の子たちの協力なくして童貞力アップは難しいのです。今回は、親しい男友達に対して女の子ができる、童貞力アップのお手伝いを5つ紹介したいと思います。

 
・男の子ができる女の子の「女子力アップ」の手伝い5つ


1. 最新のAVを買ってあげる
男の子の欠かせないアイテムがエーブイです。でも、最近は次々に新しいエーブイが出るので、いちいちレンタル落ちやベスト版に収録されるのを待っていたら男の子の股間がパンパンになってしまいます。そこであなたが、男の子の代わりにエーブイを買ってあげましょう。あなたの周囲に「新しいやまぐちりこのエーブイほしぃー! でもたかぁーい!」という男の子はいませんか? 「一緒にラムタラに行ってあげようか」とさりげなく言って買ってあげてください。


2. 友だちの男子にプレゼントを贈る
たとえ恋愛感情がなかったとしても、男の子に対してプレゼントを贈ってあげましょう。あげすぎると「好意があるのかも!?」と勘違いされちゃうので、3カ月に1回くらいのペースでプレゼントを贈りましょう。男の子はプレゼントをもらうと換金して風俗に行く元気が出ちゃうのです☆ なんでもない普通の日にもらうプレゼントほど、サプライズな気分が女の子たちを喜ばせます。できるだけ換金率が良いものや、ローションなどの消費するものが喜ばれる傾向にあります。


3. 食事では2回に1回はご飯をおごってあげる
男の子とご飯を食べたときは、せめて2回に1回はご飯の代金を全額負担してあげましょう。たとえ恋愛感情がなかったとしてもです。男の子たちは自分の飲み代(車座での童貞会議や、飲み屋でのボンクラ会議含む)や趣味にお金かけているので、食事代がうくだけでも非常に嬉しいのです。ういたお金で童貞力をアップさせたり、とらのあなでの同人誌購入代に使ったりできるわけですね。


4. 季節ごとに同人誌を買ってあげる
男の子は春夏秋冬の季節ごとに新しい同人誌をほしがるものです。「1〜2年前の同人誌読んでるなんてもってのほか!」という童貞力の高い男の子も多数います。そんな男の子が困らないように、文学フリマコミケコミティアなど季節の変わり目に開催される同人誌即売会で新しい同人誌を買ってあげましょう。恋愛感情は持たずに、女友達として買ってあげるのです。そうすることであなたの友だちの男の子が「2010年代のサブカル界を疾駆する人物」になるのですから、あなただって嬉しいですよね。「そろそろ夏だなあ。壁サークルの新作、いるだろ? いこか」とさりげなく誘ってあげましょう。女友達数人に声をかけ、みんなで男の子と一緒に買い物に行くのもアリでしょう。そうすることで、長時間並ぶ壁サークルや大量の同人誌を買ったとしても女の子ひとりひとりの負担が減って助かりますよね。


5. 男の子に定期的に食糧が届くようにしましょう
最近の男の子は食べ物にも気を使っています。外食はしないという男の子もいます。そんな男の子のために、食材と専用弁当の定期宅配を契約してあげましょう。1日に1度、新鮮な食材が男の子の家に届くようにするのです。美味しいご飯を食べるのも、童貞力アップに必要なポイントなのです。もちろん、支払いはあなたが負担してあげてください。
 

ここで女の子たちにお願いです。上記の5つの手伝いは、恋愛感情を持ったり、体目的でやらないでください。男の子からすると、好きでもない女の子の恋愛感情は非常に重荷なのです。もちろん、面識がある男の子にちゃんと話してからするようにしましょう。面識がない男の子に突然やったりするとトラブルになりますからね。


あくまで男の子の女友達として、無償の精神でバックアップしてあげる存在として手伝ってあげましょう。見返りは求めてはいけません。あくまで親しい友だちの男の子に対するお手伝いなのです。ストーカーはもちろんのこと、あらゆることを強要したり押し付けると警察沙汰に発展することもあるのでご注意くださいね。



こういう事を言って多少なりとも金をもらえているという「インターネット」というものは素晴らしいと本当に、心から、思う。っていうか「女子」にとってこそこういうエントリは害悪だと思うのだけど・・・。

http://youpouch.com/2011/05/17/000058/

広告を非表示にする