読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古田ラジオの日記「Welcome To Madchester」

フリーライター・婚活ライター・婚活アナリスト、古田ラジオのブログです。

一度たりとも失敗してはならないという奴はバカ、同じ失敗を繰り返す奴はもっとバカ

妄想

はてなブログ移転記念として一つ小噺でも。

まぁ、タイトルの通りなんですが、世の中には「一回でも失敗したらそいつは無能」みたいなよくわからない事を言ってくる人がいる。まぁあんたはそれで回ってたからよかったでちゅねと思いつつ、呪いの言葉をぶつけるわけですが、そういう人は多分、
自分は有能だから絶対失敗しない→お前はなんで失敗するんだ→怒る
という思考パターンを通るわけで、
1:自分は有能だというアピールをしたい、2:とにかく人に厳しい
という性質をもち合わせており、できれば、私の視界からお引き取りいただきたいわけです。
でも、意外とこういう人は世の中にたくさんいる。

でも、もっとバカなのは「同じ失敗を繰り返す奴」です。そういう人は
1:失敗を失敗だと認識できない、2:とにかく自分に甘い
という性質をもち合わせており、できれば、私の視界からお引き取りいただきたいわけです。
で、こういう人もたまにいる。

で、最悪なのが
「人に対しては「一回でも失敗したらそいつは無能」っていうけど、「同じ失敗を繰り返す」奴」
です。そういう人は、
1:とにかく人に厳しい、2:けど自分にはめちゃ甘い
という性質を持ち合わせており、できれば、私の視界からお引き取りいただきたいわけです。
でも、そういう人、めっちゃ多い!

誰だって、「自分に厳しく他人にも厳しい」というのが理想だと思っています。普通に考えたらそれが一番成果が上がる組み合わせですし。だけど、同時に自分の能力を引き上げるべく努力することは大変だということもわかっている。できれば、そんなことしたくない。
だからこの矛盾を解決するための一番簡単な方法として、自分は無能だけど他人の無能さも認めるという戦術をとります。つまり、自分に甘く他人にも甘いという人たちですね。ただ、この考え方は安易だけど「理想のマネジメント」からは程遠く、そういったものを放棄しなければならないので、ちょっと良心がとがめる。ということで人は自分が「有能である」という事を偽装しようとする。この偽装にさえ成功すれば努力する義務を全部他人に押し付けることができるのでかなりラッキーtwitterfacebookのようなツールはそういった偽装には格好のツールです。そういったネット上のツールを使わなくても、会議とかやるといるでしょ?そういう人。でも、ネット上では「リアルで何かやってる姿」をみせなくても良くて、それっぽいことを言ってればいいわけだから。だから、その意味で、ルネサス とかトライバルなんちゃらの人に聞いてみたいんだよね。あと、まぁ、なんだ、その、色々。
ちなみに、自分に厳しく他人に甘いという人もまれにいるでしょうが、その人は多分、より稼ぎのいい仕事への転職が決まっている人なんでしょう。