読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古田ラジオの日記「Welcome To Madchester」

フリーライター・婚活ライター・婚活アナリスト、古田ラジオのブログです。

ブログは書くべきか

惑星同人誌読み終わりました。色々「・・・」なことがあったので書いていいかどうか少し迷ったんだけど、とりあえず一点だけ気になったところを書いてみます。私みたいな史上最低のサブカルバカブロガーがなに言っても変わらんでしょう。
稲葉振一郎氏のインタビューのところ。最後の方で、
ブログなんかでクネクネしてるんだったらまぁ地道にやってけ(めちゃめちゃ意訳)みたいな事が書いてあったんですが、すごいまぁ難しいですね、というお話。


まぁそこでは現実をしっかりと見据え、地に足をつけて、云々かんぬんといったところが含まれるとは思われるんですよ。理屈としては非常によくわかる。現にWelcome Toなんとかというブログの作者のように天狗もいいとこの人間もいるわけですからね。しかも現状では「ブロガーの先」みたいな話(アスキーアートとして使用しています)は閉ざされているわけですから。
そういうまぁ言ってみれば妄想ですよね、そういうのを持つぐらいなら日々まっとうに生活していけという意見に対しては「おっしゃる通りでございます」とひれ伏すしかない。
でも、それに全面的に同意するのもなんか気持ち悪くて、結論言うとまぁブログ書くという選択肢もそれなりにありだと思っています。
頭悪いから上手くいえんけど、こう、衆人監視の所に(それがどんなに稚拙なものであっても)コンテンツつうか意見を出すということは、それはそれで少しは意味があることなのではないでしょうか。全く匿名で運営しているわけでもなく、少しは自分で責任を負っているわけだから。それと天狗問題はまた別の話だと思うんだけどなぁ。「クリエイティビティ」とかうそ臭いし、大嫌いな言葉なんだけど*1、なんかそれに類するものをこう、使いたい、となった時にブログを使うのはそんなにおかしなことなのかな。もちろん、私が見ているのがあまりにも(私も含めて)低レベルな人たちを見ているというのもそれなりには理解しているつもりではあるんだけど、ブログに書く、ということは少しは他の人に届ける事を意識していると思います(まぁ、その意識=自意識がウザいという話にもなりそうだけど)。ブログかいてても宮台真司にはなれなくて*2、結構な人がこの辺のところを勘違いしているんだけど、何か書きたい!みたいな話でいえばブログからスタートしてもいいじゃん、と思います。まぁ、何か書いたりとかなんてしたくないけど、とにかく宮台真司になりたい、という人は…よくわかんねぇや。そういう頭いい人のことは。
まぁ私はもうエクスタシーでもキメてるんじゃないかってぐらい無邪気にネットの力を信じているわけですよ。でも、怒られるのはやなので湯川潮音でも聴くことにします。

*1:私のブログ程度でそんなこと書いてたら他のもっと凄いことやられている方たちに申し訳が立たん!

*2:あ、別に私がなりたい、といっているわけではないので。文化系インテリ気取りのしょぼい人の最大公約数的な欲望、ということで。宮台の所を東浩紀とか、斉藤環とか、山形浩生とかみんなの好きな文化人を当てはめてみよう!

広告を非表示にする