読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古田ラジオの日記「Welcome To Madchester」

フリーライター・婚活ライター・婚活アナリスト、古田ラジオのブログです。

Fuji Rock Frestival'07の振り返り

今年はライブ会場でぎゃぎゃー言ってた以外はほぼ一言も声を発しませんでした。誰にも会わず、会話も交わさず、文字通りオレンジコートの石ころと同化していました。おかげでハードカバーの本が一冊読めたよ。
まずは相変わらずの様子ですが、もう相変わらず越後湯沢からのバスが1時間待ちでした。今年なんか、会場から越後湯沢駅に向うバスも1時間以上待ちました。徹夜明け朝5時にこれはキツい。
んで、グリーンステージとか行くと相変わらずZ・A・K・IことZAKI*1みたいな司会者が相変わらずなお約束感。そんな07年のフジロックです。


ちゅうことで1日目。
小谷美紗子すげーよかったー。小谷女史自体はなんかお団子みたいなかんじだっけど、やってる曲はなんだか情念みたいなものが見えて凄くよかった。
・akikoは今回、akiko / Moreno-Domenico-Kassin+2での登場ということで、「Vida」の曲はそんなにやりませんでした。「Brazil」とか「Breathing Life」とか聞きたかったなぁ。とはいえ、akiko女史自体は声に艶があってすごくよかった。

Vida(初回生産限定盤)

Vida(初回生産限定盤)


・オーシャンカラーシーンはジャッジできるほどみてないし。
・ミューズ。最強すぎる。楽曲の完成度といい、パフォーマンスといい。入場後いきなり「Knights Of Cydonia」でうわぁぁぁぁあぁん!!!ってなって、その後も「Supermassisve Black Hole」等々最新作をメインに据えながらも久作の曲も盛り込みまでほぼ文句なしのラインナップ(そういや「Hyper Music」やってないような・・・)あの有機的な人工物の美しさを極限まで推し進めたサウンドはヤバ過ぎる。

・キュアーに号泣。来ていだいてありがとうございました。つうかもう技巧がどうとか、そういう問題ではないような気がする。Boys Don't Cry!!
もち豚がうまい。もち豚、もち豚ー


2日目。
The Bird And The Beeはすげーよかった。ポップスとしての完成度が凄いし、ガーリーの中にてんこ盛りの悪意が!
Kula shakerかっちょよすぎる。やっぱり、いかにもブリットポップ的なスケールが大きくかつ明るくて軽い楽曲上手くて、実際「HeyDude」とか「Hush」とかはそうなんだけど、Kulashakerの場合、インド風の曲もあって、カレー風味のKulashakerを堪能。
「Strangefolk」→「Song Of Love/Narayana」の流れに悶絶。


・カイザーチーフスはよくわからんな。
・イギーこわいよぅ。凄い筋肉だー
・アッシュ見ようとして腹が痛くなる。
BoomBoomSatellites。俺はリアルタイムに彼らの作品に触れ、ライブに参加できることを誇りに思う。
EASY ACTION(初回生産限定盤)

EASY ACTION(初回生産限定盤)


・ジャスティス。人多すぎー
もち豚うまい。もち豚、もち豚ー。

*1:ZAKIこそ国政に!!

広告を非表示にする