古田ラジオの日記「Welcome To Madchester」

フリーライター・婚活ライター・婚活アナリスト、古田ラジオのブログです。

童貞騎士と名誉女性戦略の失敗

  • 童貞騎士とは何か

最近「女性を尊重しているのに女性からモテない」的な話が何度目かのブームを迎えているようだ。

togetter.com

ta-nishi.hatenablog.com

 

自分としてはこれはフェミニズムとか学校教育といったそこまで大きな話ではなく、基本的に童貞騎士問題のように思える。恐らく、ここで登場する人たちは「女性に裏切られた」「女はやっぱりクズばっか」という情念をもつ童貞暗黒騎士(ダークナイト成宮寛貴ではない。)ではないだろうか*1

童貞暗黒騎士とは、童貞騎士が転生した存在である。

その前に童貞騎士とはなにか。

それは、理想化した女性像を元に騎士道精神あふれる行動をとる人間…いわゆる「いい人」のことである。

d.hatena.ne.jp

 
自分としては、以下のような項目に当てはまる、そんな現代の騎士達の総称であると考えている。
 
・女性を尊重し、尊重しているがゆえに何もしない。
・童貞が女子に不自然なくらい紳士的に気高く接する
・現実世界でちょっと優しくしたら速攻彼女候補入り
・脳内で彼女との妄想シチュエーションを作る
・ちょっとか弱い系(ヤンデレメンヘル文学少女など)女性が好き
 
単なる「いい人」から、女性を尊重しすぎて変な方向に行ってしまった「童貞聖騎士(パラディン)」まで、いろいろなパターンがあるが、多くの童貞たちが多かれ少なかれ騎士道精神を有していることは想像に難くないであろう。
 
基本的に、童貞が童貞騎士としてふるまうこと、それ自体はそれほど大きな問題ではない。「理想化した女性を追い求めること」や「女性に不必要に優しく接すること(というかそれしか方法を知らない)」ことは、異性への経験値がない場合、よくあることだからだ。
多くの人たちは現実の異性に遭遇する中で「実は、俺が守るべき姫なんてものはこの世にはいない」という当たり前の事実に気づき、過剰だった女性への期待値を下方修正することで軟着陸することになるからだ。
 
では何が問題なのだろうか。ここで登場するのが「名誉女性」という戦略である。
  • 名誉女性という戦略

名誉女性とはなにか。それは「女性に対して理解があるように振る舞うことで女性からの評価を上げようとする」戦略の事を指す。

例えば、テレビのおネェタレントやリベラル派の論客、サブカルジゴロなどがその最たるものなのだが、

その昔、あなたの周りにもいなかっただろうか。

男で少女マンガ読んでるとか、女性誌読んでるとかわざわざ言ってる人間が*2

彼らが取っているのが、名誉女性戦略である。

こうして並べてみると、童貞騎士と名誉女性というのは非常に親和性が高い。

「女性に対して優しい」のと「女性に対して理解がある(かのように振る舞う)」ことは同時採用可能な戦略であり、かつ親和性が高い。

だが、ここで問題になるのが、当たり前だが、名誉女性戦略を採用したとしても評価される人間とされない人間がいる、という事実である。

この事実は、童貞騎士を女性すべてを憎む童貞暗黒騎士に転生させるのに十分なほど残酷だ。

つまり、フェミニズムや学校教育を信じていたのに裏切られたことなどではなく、

「極めて身近に上手くいってるやつがいるのに自分が上手くいかない」

「(DQNカップルのような人たちではない)知的な女性であってもホイホイ名誉女性と付き合ってる」

ことが童貞騎士を暗黒面に堕とすのではないだろうか。

学校教育を改めることなどできない。ましてや、全ての童貞騎士を「モテ」ることで救済することなど不可能である。

では、どのように彼らを軟着陸させるべきなのか。それこそが必要なのではないだろうか。

 

ダークナイト トリロジー スペシャル・バリューパック(初回限定生産/3枚組) [Blu-ray]

ダークナイト トリロジー スペシャル・バリューパック(初回限定生産/3枚組) [Blu-ray]

 

 

*1:リンク先では赤木智弘氏について書かれているが、私は赤木さんは童貞騎士ではないと思っている。為念

*2:この「わざわざ」がポイントであることはいうまでもない

広告を非表示にする